田中好美
私は歯科助手として数年間働いてからこの広島高等歯科衛生士専門学校に入学しました。働いているうちに仕事は覚えて動けるようになりましたが、これから先歯科医院で働いていくなら、もっと患者さんに直接関わることのできる歯科衛生士の仕事がしたいと考えたからです。

入学してから勉強や実習、試験と大変でしたが、今まであまりわからなかったことが理解できるようになったり、新しい知識を得たりとたくさんの事を学ぶことができました。これからはこの学校で学んだことを生かして、歯科衛生士として患者さんと一緒に考えながらお口の健康管理をお手伝いできるように、また歯科医院をもっと身近に感じてもらえるようにしたいと思っています。

河原 碧

 私の知人には、歯科衛生士が多くどんな職業なのかを知る機会がたくさんあったので、次第に興味を持つようになり、この学校に入学しました。入学したての頃は、「りっぱな歯科衛生士になる!!」という気持ちでいっぱいでやる気で満ちていました。ですが、慣れない専門用語、慣れない実習があり、一時期は頭の中がぐしゃぐしゃになり、正直、「辞めたい・・・」と思っていました。でも、辛いのは自分だけではなく、みんな同じなので、みんなで励まし合ったり、愚痴を言ったりして支え合ってきたので今の自分があり、乗り越えることができました。

3年間は本当にあっという間で、辛いこと、楽しいこと、悔しいことなどいろんなことがありました。この3年間は今までで一番勉強し、多くのことを学んでとても中身が濃いものとなりました。歯科衛生士になっても日々勉強ですが、みんなから信頼されるりっぱな歯科衛生士になるよう努力していきたいと思います。


沖永 千恵美

 直接、患者と向きあう機会も多い仕事
責任が大きい分、喜びも大きい!

勤務する歯科医院では、2ヵ月に一度、歯科衛生士が行う患者向けのセミナーを開催しています。歯の噛み合せを矯正する口の体操など、毎回テーマをかえてセミナーを開催。自分たちで資料を作成し、患者さんの前で発表します。受け身ではなく、自ら考えて行動できる仕事にとてもやりがいを感じています。歯の健康は体の健康へとつながる重要なポイント。歯を通して患者さんの健康づくりを担う専門家として、責任感をもって仕事に臨んでいます。もっともっとスキルアップして、患者さんに寄り添いながら親身に話ができる歯科衛生士として、地域に貢献していきたいです。




野間沙代子
学生生活は専門的な勉強や実習で毎日忙しく、くじけそうになることもありました。しかし、同じ夢に向かってがんばっている仲間や、親身になって指導して下さる先生方に出会え、無事歯科衛生士になることができました。

実際に歯科医院で働いてみると、知識や技術はもちろん、患者さん、スタッフとのコミュニケーションの大切さを感じました。患者さんとの会話の中で、しっかりと信頼関係を築いていくことが、治療を進めていくうえでとても重要です。そのうえで、こちらが一生懸命取り組めば、患者さんも答えて下さる。こんなにやりがいのある仕事はなかなかありません。自分が担当させて頂いた患者さんが笑顔で帰って行かれるのを見て、歯科衛生士になってよかったなと心から感じます。患者さんの笑顔が、今の私の原動力です。
最近では、初めての後輩ができ、改めて歯科衛生士としての自分を振り返り、勉強する毎日です。
これからも日々成長して、患者さんの心に寄り添えるような歯科衛生士になりたいです。



中川 麻衣
私は高校を卒業してから歯科とは全く異なる道に進み、縁あってこの学校に入りました。入学前は皆と歳が少し離れていることが不安でしたが、同じ目標に向かって笑ったり泣いたりしながら、とても充実した3年間を過ごす事が出来ました。
入学後はすぐに専門用語を学ぶことと並行して歯科診療に合わせた実習を行い、基本を身につけます。更に歯科医院、大学病院、施設等での臨床実習では、教科書でしか知らなかった症例に触れたり、実際の衛生士さんの働きぶりを見ながら患者様と直に接し、スムーズなアシスタントワークの仕方を学びました。就職して離れ離れになっても、ここで出来た友人達は、休日に会って笑い合えるとても大切な存在です。

最近、診療室での業務の他に小学校での歯みがき指導をする機会をいただきました。子ども達の前で授業をするのはドキドキしますが、一緒に歯とお口の事を考えて、楽しみながら歯みがきしてくれる姿を見るのはとても嬉しく、やりがいを感じます。歯科衛生士の仕事は私に資格以上のものを与えてくれました。患者様に「気持ちが良かった、ありがとう」と言ってもらえる度、この仕事を選んで本当に良かったと思います。これからも知識や技術を高めながら、より素敵な衛生士として頑張りたいと思っています。